素股を体験したことある男女は少ない!素股(すまた)のやり方・注意点・体験談を解説!

皆さんは「素股(すまた)」というセックスプレイをご存知でしょうか?

素股は挿入行為を伴わずに挿入と同等、もしくはそれ以上の快感を得ることができるプレイとして、風俗店ではほぼ必ず用意されているオプションの一つでもあります。

そのため多くの方が素股という名前を聞いたことがあるかと思いますが、具体的にどのようにして楽しむものなのか、どういったメリットやデメリットがあるのか等詳しく理解していない方も少なくないでしょう。

風俗で、あるいは彼女との素股というものにチャレンジしてみたいけど、その前にどういうプレイなのか知っておきたい……。
そんな方のために当記事では素股のやり方やコツ、注意点について解説していきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 素股とは
  • 素股を体験したことある男女比率
  • 素股する際の3つの体位
  • 素股を行うにあたり注意すべきこと
  • 実際に素股をした体験談
この記事は8分で読めます!

素股とは擬似的な挿入の快感を得る行為

素股(すまた)は、男性器 を女性器にこすりつけたり、圧迫(あっぱく)・摩擦(まさつ)するなどの本番行為ができない風俗で行われる疑似挿入的な性行為。潤滑剤(ローション)を使う場合もある。

引用元:Wikipedia

それでは素股がどういったプレイなのかを説明します。
理屈は至ってシンプル、女性の股に男性器を挟んで圧迫したり擦りつけたりすることで、擬似的な挿入の快感を得る行為です。

体勢としてもほぼ通常のセックスに近い形になるためセックスさながらの雰囲気を味わうことができ、本番が禁じられている風俗店でも本番の代わりとなるサービスとして用意されていることが多いです。

素股のメリットとしては、やはり直接膣に挿入するセックスに比べると妊娠のリスクがほぼ無いこと、性病感染の可能性が低いことが挙げられます。
そのため本番NGの風俗店特有のサービスとは限らず、普通のカップルでも安全なセックスコミュニケーションの方法として楽しんでいる方は少なくありません。

ただ、この素股という言葉の解釈は時代によって少々異なるようで、一昔前は「女性の性器に男性の性器を擦り付けて動かす行為」とされていました。
つまり、現代で言われている素股よりもさらに挿入行為に近いプレイだったのです。

もちろん妊娠や性病感染のリスク軽減の意味では、現在の素股のやり方が正解といえるでしょう。

素股の経験のある男女調査

【素股の経験がある男性】

上記の100人の男性に【素股】を体験したことがあるかを調査した結果です。
思ったより経験したことがない男性が多いですね!
実際に彼女や奥さんとのセックスで素股をする機会は少ないと思います。挿入できるのであれば挿入しちゃいますよね。
また風俗でよく遊ぶ方は経験したことがある人が多いです。

サービスのオプションとして無料で体験できるお店が多く、素股の気持ちよさに驚いた方もいるでしょう。
もっと男性の皆さんには【素股】経験していただきたいですね!
奥さんや彼女にお願いするのもいいですが、風俗行けば手っ取り早く体験できるので、ぜひ風俗で体験してみてください。

【素股の経験がある女性】

続いては100人の女性に【素股】を体験したことがあるかを調査した結果です。
明らかに経験ありの方は少ないですね!
調査して分かったのですが【素股】を知らない女性が多かったのが現状です。
中々アブノーバルのプレイ内容になるので、セックスに関して追求しないとたどりつかないですよね。
しかし【素股】はセックスレスのカップルや夫婦にはもってこいです。
いつもと違うプレーで盛り上がることでしょう。
男性にとって素股はペニスの締め付けが強くなるのですごく気持ちいです。
なのでパートナーを喜ばせるためにも女性の皆さんには【素股】のテクニックを取得していただきたいですね!

素股する際に体位を紹介

それでは、次に素股のやり方やコツについてご紹介していきたいと思います。

素股は上述のように膣の代わりに両股を使う方法の他に手を使う方法もありますが、いずれも膣とは違いそのままの状態では摩擦が強すぎるためローションが必須となります。
あらかじめペニスにたっぷりのローションを塗っておきましょう。

そして素股の基本的な体位は「騎乗位」になります。
通常の挿入とは違い素股は股や手の使い方、力加減などが重要になるため、女性が主導になって動く必要があるからです。

女性側はペニスを股に挟んで陰部と密着させたら、手で優しくペニスを支えてあげましょう。

膣への挿入とは違い、慣れないうちは安定性に欠けるため、手を使わないと刺激も弱くなってしまいます。
また、素股は膣内に挿入しないことを目的としたプレイですから、勢いあまって挿入してしまわないようにペニスの向きをコントロールする必要もあります。
ただし強くペニスを押さえつけてしまうと摩擦が強くなりすぎて気持ちよくなれないので注意が必要です。

正常位での素股


先ほど素股の基本的な体位は騎乗位だとご紹介しましたが、実は様々な体位で楽しむことが可能です。
特に素股に慣れていない初心者の方は正常位の方が失敗しない可能性が高いでしょう。

というのも、前述の騎乗位の素股が女性主導であるのに対し、正常位は男性が主導になるため、基本的に女性側は特に難しいことをする必要がありません。
これは素股に限らず正常位でのセックス全般にいえることですね。

正常位での素股では、女性側はひたすら受け身に徹することが重要です。
そして男性側は女性の両股を手で支えながら上手くコントロールしてあげましょう。

風俗で素股を体験する際は絶対に挿入してはいけません。規約違反になるので最悪出禁になります

後背位(バック)での素股


普段のセックスにマンネリを感じている方はバックでの素股もおすすめです。
バックの体勢は股がブレにくいので安定して刺激が得やすいですし、こちらも女性側は特に動く必要がないので素股初心者の方でも安心して楽しめます。

バック素股は視覚的な楽しみもあります。
大きな鏡の前でこれをやると、女性は自分の股にペニスが生えているように見えて普通のセックスでは得られない新鮮な興奮を味わうことができるでしょう。
もちろん男性側にとっても、四つん這いで快感にゆがむ女性の顔を拝むのはなかなかに刺激的なもの。

女性側は特に動く必要が無いといいましたが、少しでも股間に挿入しやすくするようにお尻を突き出してあげると尚良いでしょう。

 

生理中でもできるセックスを楽しめる

素股は男性にとっても挿入と同等もしくはそれ以上の快感が得られるプレイとして高い人気がありますが、もちろん女性にとってもメリットがあります。

一つは「生理中でもエッチができる」という点。
女性は生理中はホルモンバランスが不安定になり、あまりエッチな気分になれないという方も少なくないですが当然例外もあります。

生理中でもふとした流れで男性とエッチな雰囲気になり、自分もそれに応じたくなる時はありますよね。
あるいは自分にその気がなくても男性に懇願されて断りにくい……という大人の対応が必要なケースもあるでしょう。

そういう時に素股は非常に有用です。
ローションさえあれば膣に挿入しなくとも挿入同等の快楽を男性に与えることができ、セックスコミュニケーションもはかどるでしょう。

そしてもう一つは「妊娠のリスクが低い」という点。
膣内に精子を送り込まなければ理論上妊娠はありえませんので、膣内への挿入および射精を伴わない素股は「望まない妊娠」を避ける上で非常に有用です。

経済的な理由などで、子どもを産める状況にないカップルが、それでも本番の快感を得たくてジレンマに陥ることは珍しくないでしょう。
そこで素股という疑似挿入プレイで、お互いの欲求不満を解消することが可能なのです。

素股をする際の注意点

以上が素股の基本的な楽しみ方でした。
股を膣に見立てた疑似挿入という点以外は普通のセックスと違いありませんので、それほど難しいものではありません。

本番NGの風俗店でもサービスとして用意されているくらいですから、安全性の面でも大きなメリットのあるプレイなのです。

とはいえ、いくつか注意しなければならない点もあります。

素股の注意点
  • 妊娠の可能性はゼロではない
  • 性病のリスクもゼロではない
  • うっかり挿入に気をつける

まず一つは「妊娠の可能性はゼロではない」ということ。
通常の挿入に比べると非常に確率が低いのは確かですが、それでも膣付近にペニスを密着させる以上、精液もしくはカウパー液が付着し、それが原因で妊娠してしまうケースも稀ながら存在します。

そして、「性病のリスクもゼロではない」ということ。
直接的な挿入ではないとはいえ素股も粘膜の濃厚接触が伴うことには違いありません。
具体的な性病のリスクについては後述しますが、「素股だから大丈夫」と油断せず、必ずコンドームを着用することを忘れないようにしましょう!

最後に「うっかり挿入に気をつける」こと。
お互いがプレイに加熱すると注意力が散漫になり、勢いあまって膣内に挿入してしまうことも珍しくありません。
そして挿入した際の刺激によって男性が一気に絶頂に達し、結果的に膣内射精となってしまった……というケースも考えられます。

騎乗位の場合は女性が、その他の場合は男性がきちんと意識して誤挿入を防ぐよう配慮してくださいね。

素股には3つの性病感染のリスクがある

先述の通り、素股でも性病感染のリスクは存在します。
事前に性病検査を受けることはもちろん、きちんとコンドームを着用した上で行なうことが非常に重要です。

素股でも感染し得る性病は以下の通りです。

素股の感染する性病
  • 性器ヘルペス
  • 尖圭コンジーマ
  • 毛じらみ

性器ヘルペス


性器ヘルペスは皮膚や性器の摩擦や損傷により、ヘルペスウイルスに感染することで発症する性病のひとつです。
摩擦による快感を目的とした素股というプレイにおいて、最も注意しなければならない性病といわれています。

これに感染すると以下の症状が出ます。

・鼠径部のリンパ節の腫れる

・高熱がでる

・陰部がかゆい

・陰部に痛みを感じる

・排尿時に強い痛みがある

上記が症状ですが考えただけでも恐ろしいですね。

尖圭コンジーマ

ヒトパローマウィルスが原因で発症する性病で、皮膚の外傷や粘膜に接触することで感染します。

発症すると性器や肛門、唇、口内などにイボができます。
自然治癒までに1年から数年と時間がかかり、また見た目的にも非常に良くない状態になってしまいますので、こちらも素股をする上で気をつけなくてはならない性病といえます。

毛じらみ


こちらは陰毛の接触で感染する小さな虫による性病です。
感染から1ヶ月ほどで症状が顕著になり、強い痒みを伴います。

これを防ぐにはコンドームの着用はもちろんのことですが、陰毛を剃っておく(いわゆるパイパンと呼ばれる状態にしておく)ことも毛じらみ予防の有効な手段となります。

大学のサークルでお持ち帰りし素股した体験談

それでは、最後に筆者が実際に素股を体験した時のお話をしたいと思います。

当時21歳の私が大学のサークルで開かれた飲み会に参加した時のお話です。
普段は飲み会など面倒くさいので行かないタイプだった私ですが、その時は密かに狙っている女の子(仮名:Aさん)も参加するということだったので、「あわよくば」を期待して参戦したんです。

確か参加人数は15人ほどとかなりの大所帯でしたが、運良くAさんの隣に座ることに成功。
この時点で「今日はイケる!」と謎の自信が溢れていました。

Aさんはいわゆる「お嬢様」と呼ばれるタイプのいわゆる箱入り娘で、その日も門限があるから早く帰らなければいけないと言っていました。
そこで私は「帰らせるわけにはいかない!」と積極的に女の子に飲み物、つまりお酒を振る舞いました。
今ならSNSで晒されてアルハラだとバッシングされそうですが、当時はまだインターネットも普及していないおおらかな時代だったのです。

それはそうと、箱入り娘らしくガードの固いAさんを飲ませるのには一苦労しましたが、一気飲み対決を挑むなどあの手この手でAさんを酔わせることに成功。

そして気づけば0時。Aさんの門限はとっくに過ぎており、Aさんのものと思しきPHS(これも懐かしい)も怒涛の着信音が鳴っていましたがスルー。Aさんもベロベロで気づいていない様子。

終電もなくなっていたので、こうなればやることといえば「お持ち帰り」しかないでしょう。
私の下宿するアパートは飲み会のお店から歩いて5分。

家までの道中、泥酔したAさんを背中におぶり、胸の柔らかな感触を味わいながら「完全勝利」とほくそ笑む私。

私の家にたどり着き、Aさんをソファーに座らせると、それまで泥酔していた様子のAさんが急に目を覚まし……
「やっぱり、最初からこうするつもりだったんだ~」
と笑ったのです。

結論からいうと、Aさんは確かに酔ってはいたが泥酔は演技で、つまり「わざとお持ち帰りされた」とのことでした。
PHSの着信も、両親からのものだと分かっていてあえて無視していたらしい。

そして、更にいうとAさんの「お嬢様」「箱入り娘」というイメージも表向きのもので、実は何人もの男とすでに「経験済み」のヤリマンだということも後ほど判明。

さらにAさんから「今日、生理なんだけどどうする?」という衝撃的な告白が飛んできました。
どうやらAさんはあえてお持ち帰りされた上で私の反応を見て楽しみたかったらしい。
女の子を酒で潰して襲おうとした私が言えたことではないが、彼女もなかなかの悪女だ、とその時は思いました。

予想外のことにうろたえる私を見て、いたずらっぽく笑いながらAさんが一言。
「素股ならやってもいいよ?」

恥ずかしながら、当時の私は素股という言葉を知らず、素っ頓狂な声で「スマタってなんだ?」と聞き返してしまいました。
そして「アソコには挿れさせないけど、お股でシゴいてあげるよ」とのこと。
目の前にいる女の子は、もはやお嬢様でもなんでもないただのビッチでした。

なにはともあれ、人生初の素股をそこで体験した私ですが、「挿れられなきゃ意味がないよ……」という当初の落胆とは裏腹に、それはそれは非常に刺激的なものでした。
というより、騎乗位そのものが初めてだったので、私のペニスを股で挟みながら上下運動し、たぷんたぷんと揺れる豊かなバスト、その光景も新鮮だったのです。

そしてペニスへの刺激も、挿入となんら遜色のない強烈なものでした。
最後に余談ですが、勢いあまって射精したら精液が彼女の顔面に到達し、図らずも顔射になってしまいました。
「AVじゃないんだから!目に入ったら危ないし、髪についたら洗うの大変なんだよ?」
と怒られてしまい、その日以来私は彼女とセックスできずじまいとなったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

オナ兄
こんにちわ。このブログの管理人をしています。人や家族(弟)からは、「オナ兄」と呼ばれています。性欲が止まらない20代の男です。。 11歳で始めたオナニーに始まり、日常的に出会い系やマッチングアプリに親しんでまいりました。